三嶺の森をまもるみんなの会のホームページへようこそ
 シカの食害によって、高知県下最大の貴重な自然林、三嶺(1894m・剣山系)の森は、傷つき痛んでいます。激しい被害を受けた2005年〜2012年には稜線部のササ原の大半と樹木の7割までが深刻な被害に遭いました。「管理捕獲」によって新たな被害は減少してきましたが、原生的樹林内の林床裸地化・荒廃はひどい状態が続き、特にスズタケと稚樹・灌木類が壊滅したことにより、森林生態系の衰退と傾斜地の崩壊、土砂流出が深刻化しています。
 私たちは、「激しい被害期」に危機感を抱き、保護と再生を目指すNGO、NPOが結集して、2007年8月に「三嶺の森をまもるみんなの会」を設立しました。
 市民・住民のみなさまにこの問題をできるだけ広く知っていただくために、シンポジウム等を開催し、市民ボランティアを募り、防鹿柵設置、樹木保護ネット巻き、マット敷設活動、そして児童環境教育協力等を行い、行政とも協働しつつ少しでもこの大切な自然を守りたいと主体的に活動をしています。
最終更新日:2017年5月22日
行事のご案内&報告 <2017/5/22更新
- 過去の活動を紹介しています
  主催ボランティア活動
  子ども達・学校の環境教育の取り組み支援等
シンポジウムや展示のご案内 <2017/5/1更新
- 過去のシンポジウムや普及啓発パネル展の様子を紹介しています
会のうごき <2017/5/22更新
- 毎月1回、定例会を開催しています。また、年間の活動を一覧表にして紹介しています。
ブログ <2011/9/20スタート!!!
随時更新(最新の活動や写真を掲載)
報告 <2011/6/17追加
-活動の途中経過や今の状況などの報告

▲「シカ食害で痛む三嶺の森-再生への途と課題-」を結成10周年記念として発行しました(2017年5月10日付「高知新聞」でご紹介いただきました)
 >>詳しくはこちら
 
出版物 <2017/5/11追加
  - 結成10周年記念冊子
 シカ食害で痛む
三嶺の森―再生への途と課題―(2017年5月発行)
- シカと日本の森林 (2011年2月発行)
   
会則・役員
構成団体 三嶺を愛する各団体で構成し、行政(国・県・地方自治体)とパートナーシップ関係を築いて、協力しながら活動しています。
三嶺を守る会(高知県) 森の回廊・四国をつくる会
物部川21世紀の森と水の会 NPO法人四国自然史科学研究センター
高知大グループ 香美市体育協会山岳部
NPO法人三嶺の自然を守る会(徳島県)

協力関係にある行政機関
四国森林管理局、高知中部森林管理署、環境省中国四国地方環境事務所
高知県 林業振興・環境部環境共生課、文化生活部鳥獣対策課
流域市町村 香美市、香南市、南国市
三嶺の森をまもるみんなの会 事務局
 代表 依光良三
 (連絡先: 090-4338-5209)
 since 2017/5/8
Copyright (C) SanreinoMoriwomamoruMinnanokai All rights are reserved Since 2008/12/20
inserted by FC2 system